猫も「オナラ」をするの? かわいくて不思議な行動分析 Q & A

「猫」ってオナラ、、、するの?   さっきのは猫ちゃんの、、、、、???かな?

猫も「オナラ」をします。

大腸で善玉菌が炭水化物を分解する際、二酸化炭素が生じて「オナラ」になります。匂いの強さはフードの中のタンパク質の質量によります。
他にも、猫ちゃんの「不思議な行動」について見ていきましょうね。

猫ちゃんの不思議行動とその理由

何か変な顔してる!足の匂い嗅いで、、、臭いのかな???

何か「変な顔してる!!!」足が臭かったのかな〜 汗    ショック‼️          うちの子だけかな〜???

フレーメン反応によるものです。

ちょっとおバカな表情をする時があります。「靴下」や「靴」の匂いを嗅いで半笑いのような表情をすることがあります。

あまりに臭くって「気絶しそうなのかな?」と思ってしまうかも知れませんが、全く問題ないことなのです。フェロモンほど強い反応ではないけれど、匂いによる反応であることは違いないようです。

臭いからする顔ではなく、匂いを捉えようとして出る自然な反応のようです。

知っておくと「悪いこと考えてる!」や「臭かった???」とならずに済みますね。

フレーメン反応:引用Wikipedia

フレーメン反応(フレーメンはんのう、ドイツ語:Flehmen)とはウマなどの哺乳類に起こる、臭いに反応して唇を引きあげる生理現象である。この動作には主としてフェロモン受容を行う嗅覚器官である鋤鼻器(ヤコブソン器官)を空気に晒し、より多くの臭い物質を取り入れる機能があると考えられている。この反応はウマの他には、ネコ、ウシ、ヒツジ、ゾウ、コウモリなどにも見られるが、ウマは唇を大きく捲り上げるため見た目がわかりやすい。胎児期に鋤鼻器が退化してしまうヒトでは起こらない。フレーメン現象、あるいは単にフレーメンとも言う。
野生においては異性の尿の臭いを嗅いだときによく起こるが、飼育下ではタバコの煙や揮発油の臭いに対しても起こることが観察できる。また、この反応によって、発情しているかどうか調べることができる個体も存在する。
人間にはこの反応は「ウマが笑っている」、「ネコが顔をしかめる」などと受け取られるが、特に動物の感情と結びついているわけではない。しかし、ヒツジなどでは腹部の痛みと関連している場合があるという
フレーメン反応-Wikipedia

ご飯をお皿から出して食べる

飼い主がお皿に入れたご飯を、わざわざくわえ出して食べることがあります。オヤツをあげた時などに、離れた場所まで持って行って食べたりします。

野生時代の猫は、狩で得た獲物を捕まえたその場で食べる!ということはしなかったそうです。周りの安全が確認できる場所まで持って行って、ゆっくり食べるのです。その当時の習性があるんですね。

そういえばそうね!オヤツをどっか持って行って大事そうに食べてたもんね!

ご飯のお皿にオモチャを入れる

こちらも猫の習性によるものですね。オモチャを獲物に見立てて楽しんでいるか、満足感を得ているのでしょう。

もしくはお皿にオモチャを入れた時に飼い主さんが「オヤツ」をくれた!とか「遊んでくれた」などがある場合は、「オモチャ」を入れることによって飼い主さんがまたやってくれることを期待しているのでしょうね。

外を眺めるのが好き

外に出たいのかな?と思ってしまいますよね。

しかし、小さい頃からお家の中で育った猫ちゃんは、外に出たいという気持ちはありません

1番の理由は「自分の縄張りに敵が入ってこないか?見張り中!」ですね。動くものや、キラキラしたもの、鳥や虫などにはとても興味がありますので、外を眺めるのは好きです。

大好きな人が通ったり、飼い主さんが帰ってくるのを待っている猫ちゃんもいますね。

 

突然甘えん坊になる

猫は気まぐれです。自分の気が乗らないと無視します。

しかし、自分が甘えたい時は、飼い主の状況はおかまいなしで、甘えん坊になってすり寄ってきます。

水が嫌いなはずなのに、水場に寄ってくる

お風呂やシャワーは大嫌いです。

そのくせ蛇口から水を欲しがったり、洗面所に登ってきたりします。猫の祖先は乾燥地帯に暮らしていたと言われています。水のある場所は大切だと知っているのですね。

蛇口から出る水を好む理由は「キラキラ」しているからです。水滴に興味があり、飲んでみると癖になったのでしょうね。

兄弟でも性格が全然違う

生後3ヶ月が性格を左右すると言われています。その3ヶ月にどんな経験をしたかによって性格は全く異なります。

また、人間は怖くないと思って育った猫は社交的になります。

トイレの後にダッシュしたり、ハイになる

達成感や安心感からハイになると言われています。猫は排泄中は無防備です。的に襲われるかもしれません。排泄自体が緊張感のある行為です。そのため無事に用をすませるとハイになって走り出すと言われています。他にも、匂いから素早く離れて安全な場所へと移動したいため、交感神経と副交感神経のスイッチの切り替わりなどの説があります。

何れにしても、野生時代の習性から走り回ってしまうみたいですね。

素早く動くものに反応する

猫はハンターです。狩猟本能が刺激され素早く動くものには飛びかかって行きます。家猫であっても本能は鈍っていません。

気がつくと毛づくろいしている

猫ちゃんはとっても綺麗好きです。ご飯・寝る・遊ぶ以外はほとんど毛づくろいしています。毛づくろいには、気持ちを安定させる効果もあります。

なるほど Q & A

Q、猫ってなんで気まぐれなの?

A 、もともと単独で行動する動物です。他の猫にも、人間にも合わせることはありません。

しかし、甘えん坊なのには理由があります。ネオテニーの傾向と言って、「幼児成熟」のことです。

「幼児成熟」とは、性機能は成熟しているのですが、精神的には子供のままということです。母猫は子猫のお尻を舐めてあげて排泄を促してあげたり、自分の食事も子供に与えたりします。しかし、成長とともに一人で生きていかなくてはいけません。基本的には単独行動なので、自分の身は自分で守らなくてはいけません。

家猫は人間が母猫のようにずっと甘やかすので、子猫のままの気持ちが残るのです。

猫ちゃんの魅力「気まぐれな性格」は、そっけない単独行動な習性とネオテニーの傾向が合わさってできた性格によるものだったのですね。

Q、狭いところが好きなのはなぜ?

猫は狭くて暗いところが大好きです。狭くて暗い所を、安全な場所として認識する習性ですね。

猫はもともと臆病です。

単独で行動する習性から、自分の身は自分で守るしかありません。狭い穴や、物陰に隠れて天敵から身を守ってきたのです。その名残ですね。

また、自分の体が壁などにくっついていると安心します。なので狭い箱や袋に入っていると安心するのです。ベットなども大きいものより「なんで?」って言いたくなるような小さい方を好む場合もあります。

観察してみると面白く「可愛い」ですね。

Q、猫の気持ちってわかるの

猫はちゃんと飼い主さんに意思表示をしています。

「鳴き声」や「しぐさ」「行動」「しっぽのサイン」から気持ちは読み取れます。

猫は基本的にあまり鳴きません。

「発情期」や「争い」の時以外は、声を出すと、天敵に見つかってしまう恐れがあるからです。

飼い主さんに「にゃ〜」と言って甘えるのは、「にゃ〜」と言ったら反応してもらえたり、何かをくれる、遊んでくれる、撫でてくれることを覚えているのでしょう。

ワンポイント!

飼い主さんとの関係が猫の性格を作ります。

「にゃ〜」と言って「は〜い」と返事をして何かをしてあげると猫は学習します。

会話を楽しみたいなら積極的に返事をしてあげましょう。

しかし、「鳴くのが困る」「鳴きすぎる」場合はその逆です。「にゃ〜」と言ったからといって「やってあげる」のはやめましょう。

猫は、鳴く=構ってもらえる が通じないなら、徐々に他の方法を考えますので。

合わせて読みたい「しっぽ」のサイン

猫ちゃんの「愛情表現」「しっぽのサイン」を知るともっと「かわいい〜」って思いますよ。

まとめ

知れば知るほど「可愛い」猫ちゃんですが

ツンデレな理由がわかると、ますます愛おしくなってきます。

まだまだ、猫と人間の関係は犬に比べると浅いですが

もっと猫ちゃんの魅力をお伝えしていきたいと思います。

参考・参照

cocokara編集部  にゃんここ ❤︎

 

 

 

>日々の生活にほんの少し潤いを、、、

日々の生活にほんの少し潤いを、、、

インテリアもファッションも生活には絶対に必要な物ではないかも知れません。しかし、ほんの少しだけ変わっただけなのに心が豊かになった気がします。そんな、、、ほんの少しをお届けしていきます。

CTR IMG