猫ちゃんの「噛み癖」ってどうにかならないの?私傷だらけ!

「可愛いんだけど!」「噛み癖ってどうにかならないの?」会社で「どうしたの?」って言われて、、、、、

少しなら我慢できますが、いくら子猫といえ確かに痛いし、傷だらけになってしまいますよね。

ネコは本来一匹で生まれるのは稀で、兄弟でじゃれあっている間に噛んだり噛まれたりしてどれだけやったら「痛い」とか「相手が怒る」、「嫌がる」というのを学びます。

しかし、小さい頃に一人になってしまった猫ちゃんはその社会性が身についていないことも考えられます。

ほかにも、猫が噛む理由がありますので、詳しくご説明していきますね。

なんで噛むのかを知っておきましょう

全ての噛む原因が同じではありません。きちんと理解してあげて成長に合わせて対応してあげましょう。

歯がムズムズしている

子猫は、乳歯から永久歯に生え変わる過程で口がムズムズするのです。そのことが理由で噛むこともあります。生後1ヶ月くらいで乳歯が生え揃い、約3〜6ヶ月で永久歯に生え変わります。

ムズムズは歯の生え変わりによって無くなりますので、噛むこともなくなってきます。こちらの場合は無理にしつけるのはかわいそうです。子猫が噛んでも良いようなオモチャを与えてみたり工夫してあげましょう。

じゃれている。遊んでいる。

子猫時代に兄弟でじゃれ合って遊んでいた記憶が残っているんですね。そのため飼い主にも遊んでいる感覚で噛んでくるときもあります。遊び足りない時も「遊んで〜」みたいに噛んでくる時があります。本気で噛んでいないことが多いですよね。

余談ですが、本気で猫が噛んできたら相当なものですよ。虎か?ライオンか?と思っちゃいます。ホント!

愛情の表現

愛情表現で噛んでくる猫ちゃんもいます。この場合ほとんどが甘噛みですが、ひどくなってきている場合は「そこまでしたら痛いよ」と教えてあげましょう。

本能によるもの

冒頭でもお話ししましたが、猫は本来狩りをする生き物です。当然狩猟本能を持っています。

本来は、母猫や兄弟猫たちから「噛んだら痛い」「ここまでやったら相手が怒る」というのを教わります。しかしほとんどの場合、子猫のうちに飼い主さんの元にやってきますので、社会性がまだ身についていないんですね。

飼い主さんの手を、獲物だと思って攻撃してくる場合もあります。

この本能によるものは、子猫のうちに直しておきたいです。

病気や怪我が原因の場合

どこか体に異常がある場合(骨折や皮膚炎、怪我など)に触られるのを嫌がって噛むこともあります。なんかおかしいな?と思うはずです。よく見てあげましょう。

噛み癖をやめさせる方法

本当に手が傷だらけになってしまいます。お互いのためと思って、やめさせるべき噛み癖はきちんとやめさせましょう。

噛まれた手や指を、猫の口の奥に入れる

一般的なのは、噛まれた手を猫の口の奥にグッと押し込んでみる。苦しくて噛むのをやめてくれます。噛んだら苦しい嫌なことになる。とわかってきてやめてくれる場合もあります。

噛まれたら噛み返す

噛まれたら、前足などを噛み返す!これもよく言われていますが、私はやってみて、、、、無理でした。

なんども試したんですが、、、なかなか、、、汗  すいません

遊ぶのを急にやめる!無視する!

こちらは結構地道な方法ですが、結構効果がありました。遊んでいて噛んできたら「スッと」やめてどっか行く!無視する!かわいそうですが、教えてあげるためです。「あれ?なんで?」と思わせるのがポイントです。

スプレーも効果的

スプレーも効果的でしたね。噛んできたら「シュッ」と霧吹きでスプレーする。あくまでも飼い主がやったと気づかれないように!  食卓に登ってくる時にもスプレーは使ったので「嫌なこと」という認識があったのかもしれません。

ただし、猫ちゃんが、ビチョビチョになってしまうことがありますので、気をつけてくださいね。

噛んでいいオモチャを与える

噛んで良いオモチャを与えてみましょう。簡単にはいきませんが、噛んできたら「スッと」オモチャに噛ませるんです。先ほどの遊ぶのをやめる!の延長です。

地道ですが結構効果ありますよ。

他の猫ちゃんに協力してもらう

結局で申し訳ないんですが、これが一番効果的でした。一匹しかいない場合は、無理なことかもしれませんのですいません。

一週間ほど、他の猫と一緒に暮らしてもらいました。結構すごかったですよ!!飛びかかって、噛み合って!!まぁ本気では噛み合っていないんですけど、、、これは人間が噛み返したくらいじゃ無理だなって思いました。

でも、びっくりするくらい「噛み癖」が直りましたよ!

後に、我が家でも知人のニャンコを預かって噛み癖を直したことも数回あります。

まとめ

猫ちゃんの種類によって様々な部分は多いです。我が家でもアメショちゃんはあんまり噛み癖がなく育ってくれました。ソマリは結構後まで噛み癖が残っていましたね。

ロシアンブルーは子供の時だけで、スプレーなどは使いましたが、ちゃんと覚えてくれました。

子供の時についた「噛む=遊ぶ」は成長してもなおらないクセになってしまうことがあります。

根比べになるかもしれませんが、飼い主さんにかかっています。頑張って、素敵な愛猫との生活を送りましょう。

注:血統や種類によって保証するものではありません。

cocokara編集部

>日々の生活にほんの少し潤いを、、、

日々の生活にほんの少し潤いを、、、

インテリアもファッションも生活には絶対に必要な物ではないかも知れません。しかし、ほんの少しだけ変わっただけなのに心が豊かになった気がします。そんな、、、ほんの少しをお届けしていきます。

CTR IMG